20代に人気の着物とは
2017.02.28

和傘をさしている着物姿の女性20代の、着物を着てみたいと思っているあなた。私みたいな年代にはどんな着物が人気なんだろう……って気になりませんか?着物って年配の方がよく着ているイメージがありますが、若い方だからこそ似合うものだってあるんです。今回は、そんなフレッシュな世代の方にぴったりの着物をいくつかご紹介しましょう。

まずは、20代のうちで着物を着るであろう場面を、いくつか挙げてみましょう。まず思い付くのは成人式かもしれませんね。他にも卒業式や結婚式、お正月の初詣、若くしてお母さんになられる方なら子供さんのお宮参りや七五三、入卒園式……このように、着物って意外に着る機会がありますよね。また、最近では友達同士で着物を着て、街歩きをして写真撮影している姿なんかもよく見かけます。着物が好きな方なら日常で着る機会もあるかもしれません。では、そんな意外に着物を着る機会の多い20代の方に人気の色柄って、どんなものなのでしょうか?着物の種類によっても違いますが、シンプルな言葉で言うと「若々しく華やかなもの」、これがポイントです。着物にも洋服のようにその時々で流行りの柄はありますが、古典柄がずっと変わらず愛されていることからも分かるように、流行遅れという概念はほとんどありません。ですが、若いからこそ映えるデザイン、色柄って、やっぱりあります。そして、いつの時代も人気があるのはそういう雰囲気のものです。

成人式の振袖はみなさんご存知の通り、明るい色合いに艶やかな模様のものが好まれますよね。フォーマルな行事に着る訪問着や、街着などカジュアルに着る小紋・紬なども、お顔映りの良い明るめの色合いが人気のようです。柄も20代なら、華やかすぎていけないということはまずありません。洋服ではチャレンジできないような大柄や溢れんばかりの花柄など、大胆な模様にもどんどん挑戦してみましょう。ちなみに、お母さんとして出席する行事はお子さまが主役なので、すこ~し控え目のデザインのものを、等配慮が必要な場面もありますのでご注意を。また、華やかなものが人気と言いましたが、一方でシックな色柄に根強い人気があるのも確かです。そういう着物を選ぶ場合は、帯や小物で明るい雰囲気を出すとお洒落にまとまるでしょう。どこかで若々しさと華やかさを感じさせるのがポイントですよ。

20代のうちってまだ、好きなテイストや着たいと思う色柄が変わることもあると思います。レンタルだとその時々の気分によって毎回違う雰囲気のものが楽しめるので、オススメかもしれませんね。そして、自分の好みがある程度固まってきたら、その時出会えた、とっておきの一枚を手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

▲ ページトップへ